草の上に寝転んで

kusanoue.exblog.jp
ブログトップ
さあ、登山だ!という時、たいていの場合、天気予報を見て晴れの日に行くと思います。
普段の生活だと、降水確率0%だったら、傘を持ち歩くことはありません。

でも、山に行くときは必ず雨具を持って行きましょう。これは絶対にです。●雨具ってどんなもの?
登山の雨具は、傘ではありません。いわゆる雨合羽です。

折りたたみ傘も、持っているとちょっと荷物の風と雨をよける時に使えて便利なのですが、歩くときに傘を持ってさして、という事はだめなのです。

転ぶと危ないし、突風にあおられて登山道からはずれたり、危険なことがあります。

だからメインの雨具はカッパです。

雨カッパは、リュックサックのなるべく取り出しやすいところに入れておきます。
念のための物だからと、いちばん奥の取り出しにくいところに入れていたら、急に雨が降ってきたときに間に合わずに、濡れてしまいます。

そうなると、せっかく持ってきた意味がなくなるのでもったいないです。
●どうして雨で濡れたらいけないの?
ほんの少しの小雨が、真夏にあるくらいならいいのですが、山は天気が本当に変わりやすいです。

土砂降りがいきなり降ってくることもあります。

さらに気温も結構低いので、1度濡れたら洋服が乾かず、大変な目に合います。

濡れないように、雨が降ったら雨具を身に付けてください。

[PR]
# by kusano_ue | 2017-03-02 16:26

アウトドアや家族とのお出掛け、日常のことなど


by kusano_ue